123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-12-12 (Wed)
ここのところラジオは全然聴いてないから
巷でかなり流れてるらしい「初恋」は未聴のまま。

なんかね。
まだ秦クンモードになれてないんだ(笑)

今日もずっと聴いていたのは
スキマのmusiumのライブ音源。
何度聴いてもあのツアーを思い出してはウルッときてしまうし
来年の地元のDAJへの期待が大きくなる一方なのだ。


でも。
さっきHGを覗いてきてー。
並べられたタイトル名を見て、体の奥がドキドキしてきた。
「Signed POP」の表紙がおぼろげに見えてくるようだった。

ページをめくるとどんな色彩が広がってるんだろう。
でこぼこしてる微細な詳細を指でなぞって確かめてみたい。
どうか筆の跡がくっきりと残っていますように。
やっぱり秦クンは音で絵を描く画家なんだなぁと思う。

うん。
楽しみになってきた。
やっと楽しみにさせてくれたね。秦クン!(笑)


あ。
ツアー準備も着々と進んでるかな。
今回のツアーロゴもそろそろ決定したかな。

やっぱりグッズも期待しちゃうけれど。
なぜか今一番気にかかるのがツアートラック。

今までのツアーはトラックになんにも描かれてなかった。
ドキュメンタリーツアーこそは何か書いてあるよね!って期待をパンパンに膨らませて
大した用もないのにすごく早い時間に会場に行ってみたけれど
そこに停めてあったのは、ただのシルバーのトラックだけだった(笑)

スキマのように顔出しは恥ずかしいならしなくてもいいから(オイ笑)
どうかどうか今回こそはツアートラックらしく仕上げちゃって欲しい!
きっとみんなも各地で期待してると思う!ね!


あぁ。
こんな夜は秦クンの歌を聴きながら眠りに付きたいけれど
なんの歌を聴けばいいのか、聴きたいのか、はっきり分からない今のジブン。

最近は昔の歌はあまり求めなくなったかも。
(聴けばいいなぁーって思ってしまうんだろうけれど)

今の秦クンを聴きたい。
今の秦クンを知りたい。
そういう気持ちの方が強いかな。
それはきっとジブン自身もあの頃とは変わっているからだろうな。

すこしずつ年月を重ねて、
秦クンも、いちリスナーのジブンも年を重ねていって

いつか、おじーちゃん、おばーちゃんになっても
ずっと秦クンは歌い続けてくれていて
ずっとジブンも秦クンが好きで聴き続けていられれば
それこそが本当に幸せなことだなぁと思うし
歌い手としての秦クンが一番願ってることのような気がする。

だから。
慌てたり大騒ぎしたりしなくてもいーよね。
今のジブンが歩める歩幅で、秦クンについていけばいーんだよね。

そう思いながら、しんと静まり返る冬の空を見つめてる真夜中の3時すぎ。



やばい。

もう。寝なきゃ。

でもまだ。
秦クンのお休みソングを決められないまま(笑)






スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する