12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-12-17 (Mon)
暗澹たる気分だ。
今日本は最悪の進路を選んだように思う。

今回の選挙の投票率は過去最低。
国民の約半分近くの投票に行かなかった方々は
今回の結果で日本がどの方向へ舵を切り進んでいくのか
そのことをちゃんと理解していたのだろうか?

どうせ誰に投票しても同じ。変わらない。
なんてことはない。
今回の選挙はすごく大切な選択だったんだよ。

憲法9条を改正して自衛隊が戦争も出来る国防軍へと変わる。→ 朝日新聞デジタル
原発も次々に再稼働させていく。
もちろん消費税も増税。
日銀に圧力をかけ無制限の金融規制緩和を推し進める。
(バブルの時代よもう一度の発想)

怖くない?
まだ選挙権のない子供たちの待ち受ける近未来は
戦争も可能な軍隊に駆り立てられるかもしれない不安と
あの大震災からの復興がまだ少しも進んでいないのに
原発も次々と再稼働するという恐ろしさと
インフレのリスクがありながらもミニバブルを起こし
国が破綻しかねない借金を背負わざるを得なくなる絶望。


なぁんかさ。
小難しいことはジブンにも分からないんだけれどさ。

例えればね。
一人の人間がこの日本という国だとしたらね。
今まで行き当たりばったりの生き方をしたつけで
体のあちこちに大傷やら、病気を抱えもち
それでも薬やカンフル剤で、だましだましきたけれど

もうこれ以上無理をしたら命も危ないよね、と
手術で今までの膿を出し、体質改善をしよう、と
あれやこれや頑張ってみた最中に未曾有の大震災に見舞われ
あたふたしているうちに、またもや体が弱ってきてしまった状態が今の日本で。

長年の無理が生じているのだから
体質改善ひとつにしても、その過程で副作用が出たり体調が思わしくない日もあるはずなのに
周りのみんなは「早くまともに働け。早く元気になれ。結果を出せ」と急き

ええい。いっそのこと、
もっと強いカンフル剤を打ち
もっと強い劇薬を与えなくては!鍛えなくては!甘やかしてはいかん!と
様々な処置を施そうと待ち構えているような、そんな感じなのだ。


考えすぎ?
そんなことあるわけない?

でも怖いよ。
政権を担う政治家の面々を見てるだけで怖いよ。
大事なものを根こそぎ奪われてしまうような気がするよ。

こんなにも
日本の進む道がどちらなのか
大きく舵を切ることになる選択の今回の選挙だったのに。

この圧倒たる結果を前に、ただただジブンは絶望感を覚えて眠れないのです。

ていうか。
してやられたという感。
着々と奴らはこの結果に導くべく準備を進めてたんだ。

雨後の筍のように次々と旗揚げされた第3極に内心ほくそ笑み
「お花畑」の方々の票は、第3極に散り散りになる。
もしくは、これじゃあよく分からない、誰に入れても同じという気持ちにさせる。

完璧に奴らのシナリオどおりだったよ。
悔しい。本当に悔しい。


今は。
音楽も聴けない。
ハッピーな音楽を聴くココロを持ち合わせれない。



けれど。
なにもしないでいたら、もっと恐ろしい方へと進んでいくような気がする。

このままで終わったら、本当に未来はない。
というか、終わりではなく、絶望の始まりになる。



これは12年前の清志郎さんの言葉。

結局あれから何にも変わっていない、いやさらに悪くなってることに
空の上から見ている清志郎さんならなんて語るだろう。

なんて歌うだろう。



A-NcKVvCQAEgtN9.jpg<



スポンサーサイト
| *雑記 | COM(2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する