12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-02-06 (Wed)
「Signed POP」
ずーっと聴いてる。
朝から晩までこればかり聴いてる。
秦クンの声が細胞の隅々まで沁みこんでる。
頭の中はぐるぐるとメロディーが回り続けてる。

でね。
初聴きした時からずっと感じてたことなんだけどね。

似てる。
というか、同じ。だなぁって。
スキマと同じだなぁって。
だからどっちも好きなんだなぁって。
改めて発見したぞ!という気持ちになってる。

多分それは、スキマの2人も秦クンも、同年代でなおかつ
守るべきものを持ったからなんだろうなぁって。

スキマもさ。
以前は「スキマスイッチくん」という架空の人物の物語に当てはめるように
歌詞を創ったりしてたんだよね。
2人の気持ちを落とし込みながらも
最終的には自分たちとは別の「スキマスイッチくん」の歌にしてたんだよね。

でもさ。
ソロ活動を経てからの2人の曲作りはさ。
「スキマスイッチくん」じゃーない、他の誰でもない
タクヤくんとシンタくんのその時の気持ちを歌にするようになったんだよね。

「さいごのひ」も「ラストシーン」も
結局は2人にとっての守るべきものに対する想いが芯にある歌で
自分たちの生きてる証を残したいというメッセージがあふれんばかりにある。

「晴ときどき曇」の中での
♪君が僕の方を振り返って その仕草がたまらなくて
幸せはいつもそうやって傍にいる

このフレーズを聴くたびに、タクヤくんが"Girl"に向ける愛情いっぱいのまなざしを想像して
めちゃくちゃ暖かい気持ちになってしまう。


他にも
自分達の濁った黒い部分をあえてあぶり出した詞の世界の歌とか
(スキマも「爽やかな2人組」というパブリックイメージを覆したい!と、いつも言ってるものね)

アルバムに配置された曲の成り立ちもすごく共通するところがある気がする。


もちろん、選ぶ音の世界とか、創られたものひとつひとつは全く違うし
切り取り方もそれぞれの感性に彩られてるんだけれど

歌を作る根底にあるもの。
何を大切にし、大事に想い、どんな景色を見つめてるのか。
そこが多分一緒なんだろうなぁと思う。

だからスキマも秦クンも、ジブンは大好きなんだなぁと思う。

きっとさ。
お酒の席ではさ。
音楽の話しも沢山するのだろうけれど
家族の話しもそれ以上に沢山してるのかもね(笑)

秦クンが「タクヤ!」と呼び捨てしちゃうまでになったのも
そんな背景があるからかもね(笑)

そしてそんな2組のアーティストが創る歌を聴いて
ジブンもほわんと幸せな気持ちになっているのです。

うん。
「Signed POP」を聴いて
今までよりうーんと秦クンを身近に感じられるようになったのが
不思議なんだけれどすごく嬉しい、今のジブンです。


スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(3) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。