12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-03-04 (Mon)



もうなんだかぜんぜん。
ブログにまで振り分けれるほどの気持ちの余裕がないのだけれど。

おまけになんだかまったく。
秦クンもスキマもオガスタも情報が追いきれてないんだけれど。

ふとこの情報を知って(はい、遅すぎます 笑)
忘れかけていた想いが、ぶわーっと蘇って胸がギュッと鳴った。


■ 秦 基博、大江千里「Rain」をカバー 初のアニメ映画ED曲に

シンガー・ソングライターの秦 基博が、新海誠監督の最新作『言の葉の庭』(5月31日公開)で、初のアニメ映画のイメージソングとエンディングテーマを担当することが21日、明らかになった。イメージソングは書き下ろしの新曲。ED曲は、監督のラブコールに応じて大江千里の「Rain」をカバーし、普遍に届くメッセージを現代の感性で歌い上げる。

原曲は、大江の代表曲「格好悪いふられ方」(1991年)よりも以前の1988年に発売されたアルバム『1234』に収録。1998年に槇原敬之が同曲をカバーしている。映画の世界観を集約するエンディングに、雨が降る風景や人を想う不安定な心の情景が思い浮かぶ同楽曲が選ばれたことで、作品への期待も膨らむ。

同映画は、万葉集の一篇から始まる“孤悲”の物語。雨の季節に日本庭園で出会った、靴職人を目指す少年と歩き方を忘れた女性の、現代の東京を舞台にした「恋の物語」を描く。

◎新海 誠監督話題の新作アニメ『言の葉の庭』(ことのはのにわ)⇒ 言の葉の庭 公式HP
・タイトル:『言の葉の庭』
原作・脚本・監督:新海 誠
作画監督・キャラクターデザイン:土屋堅一、美術監督:滝口比呂志、音楽:KASHIWA Daisuke
声の出演:入野自由、花澤香菜
『タイトル未定』[作詞・作曲:秦 基博/歌 秦 基博]「言の葉の庭」イメージソング
『Rain』[作詞・作曲:大江千里/編曲:皆川真人/歌:秦 基博]「言の葉の庭」エンディングテーマ
製作・著作:コミックス・ウェーブ・フィルム、配給:東宝映像事業部

■公開日:5月31日(金) 新緑の季節ロードショー



大江千里かぁ。

うんと若い頃。
いつもどこに行くにも一緒で周りからは
「双子みたいだね」と言われるほど仲の良い友達が大好きだった大江千里。

音楽の趣味は全く違っていたせいなのか
ジブンはさして興味がなかったというか
(なんか・・大江千里ってちょっと暗い感じだよね・・)なんて
正直あまり好きではなかったのだけれど

彼女がしょっちゅう聴いていたせいもあって
印象的なフレーズは何となく耳にこびりつき
知らず知らずのうちに記憶に記録されていっていた。

ジブンはいつも気の向くままにあちらこちらへ飛んで行くタイプで、ひとところに落ち着けない性分。
特にあの頃は、次々と仕事を変え、1年足らずで引っ越しを繰り返し
北のはずれの住み込みバイトで半年もいなくなったり
バイクで北海道1周の旅に出てしばらく音信不通だったり。

彼女は地道に地元で生活をしていたから
「また私を残して行っちゃうんだね」って言われたこともあったな。

だからニュージーランドに行くときは、"大江千里"を持たされたんだ(笑)
でも私はやっぱり彼の地でも大江千里を聴かなかった。
ありがたかったけれど、なんだかとても重かったんだ。

うん。
まとわりつくような想いが重い。
だから音楽も重い。重いから聴けない。聴きたくない。

なにものにも縛られたくなくて、いつもふわふわしていたジブンは
友情というものにさえも真剣に向き合い、互いを想い、気持ちを分け合う重さを、避けていたのだと思う。

でも今、大江千里の「Rain」をカバーする秦クンの歌声をHPで聴いて
あの頃のことが鮮やかに蘇ってきて胸がギュッと苦しくなっている。

♪今のうちに君をつかまえて
行かないで 行かないで そう言うよ

引き留められるのはキライ。
男のくせに女々しいこと歌わないで。
そう思っていた「Rain」

でもこれはきっとあの頃の彼女の気持ちなんだと今さらながらに気づく。


それから・・色々ありながらも彼女とは変わらぬ付き合いが続いていたのだけれど
あることがきっかけで、何となく疎遠になってしまった。

「あの時の約束、もう忘れてるんでしょ?」
「約束?なんだったっけ?」
「ん・・・もういいよ。」

「もういいよ」という言葉の裏に隠れていた小さな棘が、ジブンのココロにさくりと刺さる。
忘れたのは悪いかもしれないけれど、何だったのか教えてくれてもいいじゃない。気になるじゃない。

まとわりつくような重さに
ジブンまで「もういいや」と思った。
バサリと閉じた。

あれから彼女とは連絡を取っていない。

もう4年?
いや、5年になるのかな。
ジブンも相当意地っ張りだな。



うん。
今、秦クンが歌う「Rain」を聴いていたら
懐かしくて、温かくて、切なくて
何だかとても会いたい気持ちになっているジブンがいた。


『言の葉の庭』

観に行きたいな。
久しぶりに彼女を誘って観に行こうかな。


今ならもう少し
彼女の気持ちを分け合えるような
重さも大事に分け合えるような
そんな気がする。

雨の日の湿度も空気も結構好きになったし。ね。

それはきっと
秦クンの歌が教えてくれたからかな。









スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。