123456789101112131415161718192021222324252627282930
2013-04-20 (Sat)

久しぶりに読んでいて気持ちがワクワク高まる対談だった!

ぜひぜひオーガスタファンなら(そうじゃなくても!)
読んで欲しいなって思うよ!!
ナタリー さかいゆう×山崎まさよしが語り合う「いい音楽の作り方」


やっぱり、まさよしさんってスゴイ。
まさよしさんのデビュー時のキャッチフレーズが「天才よりも凄いヤツ」って
まさにそのとおりだなぁって思う。

詳しいことは、これから読む方に悪いから書けないけど(笑)

とにかくココロが何度も打たれる感覚になったよ。
まさよしさんが何気なくいう言葉の中に音楽の種を沢山見つけたよ。

読みながら、まさよしさんのライブを思い出して
うんうんうん!と何度もうなずいてしまったジブンです。

そして。
「その曲に合った言葉って必ず用意されてるの、どこかに。
だから俺らはそれを絶対に見つけないといけないんです。」という話は

秦クンがよく言っている
「メロディーが呼ぶ言葉ってあるんです」ということと、一緒だ!繋がってる!って
すごく嬉しくなったよ。


でね。
さかいゆうクンがオーガスタに入ったことは
それぞれのミュージシャンに対して
音楽的に良い刺激や影響を与えていることはもちろん
人間関係にもすごくいい空気をもたらしているんだなぁと思ったよ。

まさよしさんの言うように
ゆうクンって、いい意味で人としての垣根を作らないというか
すぐ懐に入り込んでしまえるタイプだなぁと思う。

その人柄は、一見和気藹々やっているようにみえながらも
先輩後輩どこか遠慮しあっていたオーガスタみんなの距離間を
ぐぐっと一歩も二歩も近づけたような、そんな風に感じる。

特に上下関係を気にするタイプの秦クンなんかには
すごくいい影響を与えてくれてるように思う。

もっとざっくらばらんに、さかいゆうのように、自分を出して近づいてもいいんだなって。
きっと、タクヤくんとの距離が近くなるきっかけのひとつにもなった気がするなぁ。

そんなオーガスタの個性豊かなミュージシャンの中で
偉ぶることもなく、押し付けることもなく、いつもひとり凛としながらも、
しなやかな包容力とユーモアで長男の役を務めるまさよしさん。

やっぱり、カッコイイな。
ミュージシャンとしても、男性としても、カッコいいなぁと思うのです。

あれ?
じゃあなんでジブンはまさよしさんのファンじゃないの?(爆)

という疑問は置いておいて(オイー笑)

この対談。
本当に読んでて嬉しくなってしまう話が満載でした!

うん。
今ハマってるお菓子はなに?とか、最近着る洋服はなんだ?とか、
女性誌の話題にされそうな、そういうあれこれは、やっぱりもう興味がなくって(笑)

こういう音楽の深い話しを沢山聴きたいなぁと。
今度はスキマ×秦基博 なんかで対談をやってくれないかなぁと。
そう期待してしまうジブンです。


あ。
最後のこの画像。

「ゆうクン、あとちょっと背が高かったらなぁ」なんてどこかで思ってしまってたジブンを恥ずかしく思った、すごく素敵なツーショットです!

ゆうクンは、この今の姿形のゆうクンだから「さかいゆう」なんだって。
そう自然に思えた素敵な画像です!

やっぱり。
音楽ってすばらしい!

photo15.jpg





スポンサーサイト
| ♪オーガスタ | COM(4) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する