12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-05-21 (Tue)

あぁ。
ブログを全然更新出来なかったなぁ。

先週はココロもカラダも不調。
キャパがいっぱいいっぱいで、どんどんUPされていく様々な情報も追いきれず
秦クンの新曲「言ノ葉」はまだ聴いてない&見てないし
行けない「亀の恩返し」もぜーんぜん分からすじまい(笑)

でも。
今週末はいよいよSigned POP@仙台!
「言ノ葉」はライブで初聴きするために、ちゃーんと取っておこう。
そう思い、あえてあっちこっちをさまよわないようにしていたのでした。

で。
一昨日の日曜日。
何年も前から一度観てみたかったスターダストレビューのワンマンライブに行ってきたよ!
2年前にデビュー30周年で大規模なツアーがあったけれど
気付いた時は、時すでに遅し。
札幌のライブはもう終わったばかりだった。

それからはこまめにHPをチェック。
今回のツアーで、とうとう一般チケットを手に入れ
初のスタレビライブへとワクドキで出掛けたのでした。

もうね。
めっちゃ楽しかった!
亀音にも負けないほどの!エンターテイメントあふれるライブだったよ!

秦クンもスキマもいいけれど
やっぱり30年以上積み重ねたキャリアはすごかったよ!!



※ネタバレありです。




DSC_1143.jpg

チケットを受け取り、すぐに座席の確認。
うわー、端っこだぁー・・ホントに隅っこだぁー・・。
列はなかなかの前の方で嬉しかったけれど、とにかく会場の一番端っこだったから
正直最初はちょっぴりがっかりだったけれど(笑)
まぁ、要さんがチラリとでも観れればよし。一番は歌を聴きたいんだし。と、気を取り直し
再度チケットを確認すると・・・・あれ?なんか書いてある!!(笑)

【ジュニア割引(25歳以下)、シニア割引(65歳以上)、障害者(児)介助者割引⇒5500円】

当日、年齢等確認できるものがあれば、チケット代が1000円割引になるとのこと!
なんて太っ腹なんでしょう!!

そうだよなぁ。
デビュー時からのファンなら、それなりの年齢になってるはずだし、親子でライブに来る方も多いだろうし。
体の不自由な方々なら、ひとりでライブに来れない事情もあるだろうし。
気軽にライブに来てもらうために、チケット割引の配慮があるなんて・・すごくない?

今のジブンはどれにも当てはまらないけれど
いつかはシニア割引を利用出来るはず~(笑)










DSC_1109.jpg

会場は札幌市民ホール。
昼間は晴れてお花見日和だったけれど
夕方には曇空になり風が肌寒く感じられたよ。










DSC_1111.jpg

会場に入るとすぐ目についたのが地元テレビ局からのお花。
チケットにも書いてあるけれど、主催がこのテレビ局なんだね。
そういえば、このテレビ局の某番組で(主婦向け)要さんが時々出演していた記憶がかすかにある(笑)
きっとデビュー時からの長く親しい繋がりがあるんだろうなぁ。










DSC_1115.jpg

そして次に目についたのが、これに該当する方々の列。
ホントにライブ前にチケット代の差額を返金してくれるんだー。
スタレビのファンの方々に対する感謝の気持ちが形になって還ってくる。なんかすごいや。










DSC_1114.jpg

そしてなんと本日のライブでこんな企画も!!(笑)










DSC_1113.jpg

「雰囲気リクエストボタン」が設置してあり
それぞれが、その日の聴きたい「雰囲気」の曲をポチッと押してリクエスト。

ジブンは・・「カバーソング系」をポチ。
だって、もしかしたら、あの2人組のあの曲とか、一重の彼のその曲とかを歌ってくれるかもしれないじゃない!?(わはは 笑)

淡い期待を込めてポチしちゃいました(笑)











座席に着く。
思っていたよりもすごく近ーい!
1階前方の客席は扇型の配列になっているので、端っこでも圧迫感が全くない。
段差もしっかりあるし、何より通路側が広々。
ステージ全体を見渡せる気持ち良さ。視界良好。
この日はフラットシューズだったけれど
チビのジブンでも全然問題なくストレスフリーでライブを見ることが出来ました。





DSC_1120.jpg

なにげに聴こえてきたSEはスタレビの曲。
このライブ前のSEを凝った選曲にしてファンを迎えるミュージシャンは多いけれど
逆に本人たちの曲を流してくれる方が「これからこの歌声を生で聴けるんだ!」と気持ちが高揚するなぁと
嬉しくなったのでした。

ステージに掛けられた薄い水色のスクリーンから、バンドの機材がうっすら透けて見えるのも
期待値をどんどん上げてくれる素敵な演出だったなぁ。
(スキマの"musium"ツアーをふと思い出しちゃってた!笑)







17時過ぎ。
いよいよスクリーンが上がり、スタレビライブが始まる!

オープニングは昨年発売されたアルバムの中の「は・じ・ま・る・よ」
水色のスクリーンのシルエット越しから、アカペラの歌声が聴こえてきた時にはもう全身が鳥肌状態。
ああ、この歌声を聴きたかったんだ!と
色んな思い出が胸の中にいくつもいくつも浮かんできた。

スタレビの音楽との出会いはうんと若い頃のことで
その頃はバイクの免許を取り、新しい夢に向かって文字通り邁進していた頃で。

バイクを通して知り合った4歳年下の彼との思い出に常に寄り添ってくれていたスタレビ。
「スタレビの新曲が出たよ」とニュージーランドにまで日本からダビングしたテープを送ってくれた事もあった。
あれから随分時が流れ、年賀状だけの付き合いもいつしかフェイドアウトになったけれど
今も彼は故郷で家族を大事にしながら悠々と日々暮らしているのだろうなぁ。

懐かしい想いが、要さんの歌声で鮮やかに蘇る。
独特の"要節"に何度もココロは高揚し、思わず歓声を上げてしまったよ。


この日の要さん。
黒のジャケット、インはグレー模様のベストに白シャツ、黒のジーンズ、黒の靴。
モノトーンでまとめた姿がとても男っぽくて素敵でした。

「さっぽろー!ただいまー!」って、要さんは何度も言ってくれてた。
1年7か月ぶりの札幌。
「ただいま!」って言われたら、初めてのライブなのに「おかえり!」って迎えたくなる(笑)
何だかとても嬉しくなってしまったよ。

2曲目のアップテンポの懐かしの曲では
歌の途中で「うっ!!」と観客のみんなが拳を上げるのがお決まりのようだったけれど
うまくまとまらなかったので、要さんが突然途中で「ちょっとちょっと!ストップー!」と歌を止め(ビックリ!笑)

「うっ!」と拳上げの練習をさせられ(笑)再度歌い出すという楽しい演出!(笑)
こんなことを真面目に歌ってる途中で軽くやりのけてしまう要さん!!
これで一気に会場の空気がほぐれてひとつになった感じがしたよ。


観客の方々は、要さんたちと同年代が多かったかな。
前列中央は男性の方々が沢山いらして大盛り上がり。

おまけに時折り何度も野太い「かなめさーーーーん!」コール!!
女性のファンの方が多いのかなーという予想を見事裏切ってくれて
男女問わず(おまけに年代問わず!笑)長く愛されてるスタレビなんだなぁと感じたのでした。

いや、だってさ。
エレキを弾く要さん、めちゃくちゃかっこいいもん!!
あの声とあのエレキの指さばき!!ヘビメタやハードロックのジャンルでやってもいいくらい!!
きっと男性ファンの多くはかつてギター小僧で、スタレビの曲をコピーしてたと思う!!


でね。
1曲歌うごとに要さんはピックを客席にヒュッと投げる。
それも、投げる瞬間に、軽くピックにキスをして、ヒュッと投げる。
その仕草がスマートで、めちゃくちゃカッコよくて!!!
歌の途中でも、おもむろにさっとキスしたピックを投げるし!!

マイクに刺してある予備のピックがみるみるうちに減っていくから
「最後の歌までピックは残ってるのー??」と心配になるほど(笑)


そうそう。
心配と言えば。
1曲歌うごとに、要さんはとにかくよくしゃべる!!
あんなに声を張り上げて歌った後で、こんなに長々とMCをしていて、喉は大丈夫?と、これまた心配になるほど(笑)

立て板に水のごとく延々と話し続ける要さん。
爆笑に次ぐ爆笑のMCの後には、あのハイトーンで全身しびれるほどの要さんの歌声。
サービス精神旺盛すぎるよ!素敵すぎるよ!要さん!


あと。
アップテンポの曲の時は、みんなを立ち上がらせ
バラード系の時は、さっと座らせてくれるその仕切りの絶妙さ。

ずっと立ってるのも辛いし、盛り上がるときは立ち上がりたいけれど
そこをうまく先導してくれるのは、とてもありがたかった。

きっと、ファン層の年齢を考えてくれてるのだろうね(笑)
「さぁ、立ちましょう!」「座りましょう!」と仕切るのって、実はとても難しいことだと思うし、
けれどお客さんにとっては、かなり心身ともに重要なことで。
(立つのか座るのか微妙な曲の時って、すごく迷うし、内心もんもんとするものね!)

だからライブ中もライブ後も、ぜんぜーん足が辛くなかった!疲労感なし!残ったのは感動のみ!
これもまたすごいことだよね!

おまけに見ていると、ライブ中でも結構お客さん達はすっとトイレに立つ(笑)
それって、スタレビライブでは割合普通のことらしくて(ファンブログをチラリ周って感じました)
要さんも特に気にせず歌ったり話したりしていて(笑)

細かいことを考えずに、身も心も全て要さんに、スタレビに、お任せしていられるライブ。

要さんの言う
「長年ずっとライブに来ていただいてる方も、もう何年も経ち久しぶりにライブに来たわという方も、初めてライブに来てみたという方も、何だか分からないけれど連れてこられてここにいる・・という方も(笑)」
ここに集まったみんなが楽しめる(これぞバリアフリー!)ライブだなぁと感じて、
それが要さん、スタレビメンバーの人柄からくるものだなぁと、嬉しく感じました。




ああ。
まだまだまだまだ書きたいことが山盛り。もりもり。

だってライブ内容が「こんなライブ初めて!」と思えたほどのボリュームだったからね。

だからとりあえずはここで休憩。

ああでも。
早く書きたい(笑)



スポンサーサイト
| ♪スターダストレビュー | COM(2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。