123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-06-25 (Tue)

あー。
やっと「音楽と人」の記事を読んで感じたことを書ける時が来た!(笑)

てか。
7月号発売からすでに3週間が過ぎてるなんて
書くのがあまりにも遅すぎる(笑)

きっと。
音人読んだ方々は記憶がホワホワに薄れてるはず(笑)

でもいーのいーの。
ジブンが書きたいだけなんだから。
ジブンのブログなんだから。

誰に遠慮がいるものかぁー!(笑)





※たたみまーす。




秦クンもスキマも両方大好きなジブンにとっては
7月号の記事を読んだらもうあれやこれや思うことがあふれてしまってたよ。

だって。
タクヤくん側から思うこと。
秦クン側からいつも感じてること。
視点のスイッチを切り替えたら、どっちのこともすごく分かる。
考え出したら胸が痛くなって辛くなってしまうほど分かる。分かりすぎる。
(なぁんて、それは自分勝手で余計な想像かもしれないけど 笑)


うん。
タクヤくんの語っていたこと。

「秦は生まれながらに持ってるものが圧倒的に多い。
 あいつが唄うために大事なものを35個くらい持ってるとしたら僕は8個くらいしか持ってない!」
「しかもあいつ、2、3個捨ててますからね。
 俺が2、3個捨てたら残り5個しかないんだぞって!」

ああ。
もうね。この言葉通りだよね。
タクヤくんが秦クンに対して思ってたこと。ちゃんと、ずーっと、ジブンも感じてたよ。

08年のソロ活動の時。
巷では「もしかして解散??」なんて噂もあったりしたけれど
ソロをやろうと思った理由のひとつに秦クンの存在があったんだろうなって
あの時すぐに気がついてしまったよ。
あの頃のブログにも長々と書いちゃったしね。

ひとりで圧倒的な世界観を作れる後輩がオーガスタに入ってきたことで
「俺ひとりだったらなんの力もないかもな」っていう危機感が急速に芽生えたんだろうね。
シンタくんの存在に寄りかかってた自分自身を変えたかったんだろうね。

そんな不安も何もかも、ソロの曲には描かれてる。
がむしゃらにギターを鳴らして歌っていたソロ活動。
声が出なくなって、3曲しか歌えなくて、悔しくって、大粒の涙をボロボロ流したファイナルライブ。
ドランモンのDVDを今観ても、とにかく必死だったんだなぁって、それが痛いほど伝わってくる。

だから再始動の時は、徹底的に話し合ったんだよね。
このまんまじゃだめだって、すぐに追い抜かれてしまうって、焦ってたんだよね。

そういう経験を経て今がある。
すごくいい笑顔で、気負いもなく、素直な感情を綴った歌を唄ってる。

ハタクヤとして騒がれていた08年の頃は
秦クンの横で「先輩として絶対負けたくない」という感情が強くて
楽しんで歌ってるようにはジブンは見えなかったもの・・。

でも。昨年のオーキャン@奄美での「キミメグ」は
すごくリラックスして楽しんでるって感じたなぁ!

秦クンに声だしで勝利しちゃってたもんなぁ!
そして「音人7月号」では、秦クンのことを素直に言えちゃってるもんなぁ!


だけどさ。
秦クン側からするとさ。
「唄うために大事なものを35個くらい持ってる」ことが逆に重荷に感じてた時期があったと思う。

別に欲しくて手に入れたものじゃないから、なんて
あえてジブンから2、3個捨ててみたんだろうね。

タクヤくんにしてみれば、自分が欲しくて仕方ないものをさらっと捨ててしまって
それでも「秦基博」が成立してることに「もうその部分はかなわない」って
凹んでしまったんだろうけれど・・。


でもさ。
デビューの時からいつもいつも誰からも
「いい声してますね」って、声のことばかりを誉められて
カバー曲の方が評価され、それがひとり歩きしていき
生まれ持ったものじゃない、自分で努力して創り上げた部分をもっと認めて欲しいっていう
さまざまな葛藤に苦しんだ時期もあったと思う。

そんな時に秦クンは
スキマの音楽性や親和性やオープンさを羨ましく感じてたんじゃないかな。


なぁんか。
おんなじだったのかも。ね(笑)

今2人はようやく自然体で音楽に向き合えてる気がする。

だからきっと。タクヤくんも秦クンも。
思ってることを素直に言い合える関係になってる気がする。

お互いが結婚して子供が出来て、青年から大人になった。親になった。
それも大きな要因なんだろうけどね(笑)

そんな今やオーガスタを背負う若きツートップ!!
(はい、ジブンの中ではそういう位置づけなんです!笑)

顔の造作も、歌声も、創り出す音楽も、正反対に思えるけれど
両方とも素敵!!
両方とも大好き!!

そんな欲張りなジブンです(笑)


だからね。結局ね。
大事なものを持ってる数が多いか少ないか、ということよりも
持ってるものをいかに輝かせることが出来るのか
それに向かってどれだけひたむきに努力できるのか、頑張れるのか

そっちのほうがずっと大事だって
そういうことかもしれないね(笑)

あー。
なんだか、うまくまとまらないまま
ジブンの思うことをダラダラと書き綴っただけだったなぁ。

でもいいや。
とりあえずはジブンの為に記録しておく(笑)



まだ書き残してることは、この次にしよーっと。


スポンサーサイト
| ♪スキマスイッチ | COM(2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。