12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-07-12 (Fri)

なかなか。
体調が回復しないジブンです(泣)

いよいよ。
風邪から喘息が出てきてしまったジブンです(泣)

なので。これはやっぱり病院に行かねばと。
朝からあれやこれや済ませようとドタバタしていたら。

つけっぱなしのテレビから
♪ふわり羽のよう~ と、あの歌声が聞こえてきたからビックリ!

ええっ!?と画面を見てみると
日テレの「スッキリ!」で秦クンのGirlが流れているではないか!(それもライブ@岩手Ver.!)

司会の加藤さんが
「この歌は、弱い女性を守りたいという気持ちを歌った曲で・・」
というようなことを言っていたので思わず
"ほぉー世間一般ではそういう解釈なのね・・"とクスッとしてしまったよ(笑)

で。
なぜ秦クンのGirlが流れていたかというと。

「2013上半期USEN HIT J-POP ランキング」 で
(集計期間2013年1月4日~6月27日)

秦クンの「Girl」が第3位だったからなのです!(パチパチ!)
2013上半期 USEN HIT J-POPランキング

最初はピンと来なかったんだけれど
あとからジワジワと嬉しさがこみ上げてきたよ。

秦クンがこの曲に込めた想いが
ちゃんと沢山の人にも伝わったってことだものね。

いい曲を作って歌えば、ちゃんと届くんだなぁって
当たり前のことかも知れないけれど、それが結果になったことが本当に嬉しかった。

CMのタイアップも大きいよね。
あの映像のバックにこの曲が流れると
壮大なイメージがプラスされたように感じたもの。
秦基博をあまり知らない人にも、この歌声を伝えるきっかけにもなってたと思う。

うん。
秦クンの歌って。
すごく音楽業界で評価が高いのに
なかなか一般的に浸透しづらかったよね(笑)

いまだに、秦クンってみんな知ってるのかな?どうなんだろ?って。
普段音楽を聴かない一般の人の認知度を測りかねてしまうよね(笑)

そんな秦クンを何とか世に広めようと?(笑)
思い返せば。今までのハタッフさんの頑張りも凄かったような・・気がする(笑)

なんとか「オリコン1位」などのタイトルを取らせたいと
巷に秦基博の歌があふれ流れるようにしたいと
特に08年の頃のプロモ活動は凄かったような・・気がする(笑)

あの頃。
フリーライブの為に。限定○人の特典の為に。
何枚同じCDを買ったかなぁ?(笑)
どのくらい貢いでしまったかなぁ?(オイ笑)

ファンになって気持ちが頂点に舞い上がっていた頃だったから
ジブンでもわけわからないくらいに盛り上がって大変だった気がする(笑)

正直。
あの手この手で惑わせてくる
ハタッフさん達を恨めしく思ったりもしたっけ(笑)

あちこちで行われるライブは全部行きたくて仕方なかったし
ラジオもテレビも追っかけれるだけ追っかけてたし
でも北に住んでたら限界があって、それが悲しくて愚痴ったりなんだり(笑)

でも。
気持ちが落ち着いた今なら、気づくことも沢山ある。

ファン以外の、まだ秦基博を知らない人たちにも
どうやって聴いてもらえるのか、手に取ってもらえるのか。

例えば、アニメとのタイアップなら
通常盤の他にアニメ盤もあったほうが、アニメファンの人も買いやすいかな?とか。

ファンにしてみれば
「なんでぇ?また何枚も買わせる気なの?」って思いがちだけれど
ファン以外の人にも届くようにと考えたら、やっぱり間口は広く、選択肢は多くしたほうが絶対良い。

そういうことって、きっと色んな場面でも沢山あって
その結果が上手くいくか、失敗で終わるかは、分からないけれど
少しでも可能性が広がるならやってみようと考えてのことなんだろうね。

秦クンの歌をたくさんの人に届けたいっていう想いは
秦クンを支えてくれているハタッフさんの誰もがみんな一緒のはずだから。

それは。
ここ最近の秦クンのやわらかで素敵な笑顔が証明してる。

うん。
こんないい笑顔が出来るってことは
いい環境の中で、いい音楽が出来ているから。ココロが充実してるから。

それが。
いい歌を歌えて。いい結果に繋がっていく。

ファンとしてはこれ以上にない喜びだなぁと思うのです。



そうそう。
HGで公開された最後の「MESSEGE 綴る VIDEO」。

あのVIDEOを見て、ジブンは嬉しすぎて
1/365のメロディーと共に映し出される文字がうるうると滲んでしまったよ。

ライブ会場で配布されていたMESSEGEのハガキは
各会場でちゃんともらってきて、書いて、投函したんだけれど。

仙台と札幌の分は、どちらも1週間以内に出すことが出来なくて。
結局VIDEOに載っていなかったのが、心残りだったんだよね。
(遅れてしまったジブンが悪いんだけれどネ 笑)

だからきっと。
様々な理由で結局載せることが出来なかったけれど
MESSEGEを寄せてくれたみんなに対しての「ありがとう」を形にしようと
あの最後のVIDEOを作ってくれたんだなぁって。

その気持ちが嬉しくて嬉しすぎて。
見つめていた画面がだんだんと滲んできてしまったのです。

ジブンの名前を見つける前に
お友達の名前を「あった!」「あ!多分これは彼女だ!」と
たくさん見つけられたのもなんだか胸があったかくなったのです。

ちょっとね。気持ちがね。
ハタッフさんと通じ合ったような。
秦クンとももっと通じ合えたような。
そんな感覚に満たされたジブンなのでした。

そんなあとに
USENで「Girl」が3位!と知ったからなおのこと
良かったなぁ!!って、嬉しかったんだよ。

なんだか。
いつにもまして上手く気持ちが書けなくてもどかしいけれど。


ハタッフさん。秦クン。

いっぱいいっぱいありがとう!!


そして。

おめでとう!!!








スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。