12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-07-26 (Fri)

せっかく情報解禁になったのに
(HGの暑中見舞いで真っ先に知らせてくれたことが本当に嬉しかった!)

なかなか。
このことを書けなくて
ちょっと焦り気味だったりして(笑)


よっしゃー!!



■秦 基博 初のセルフセレクションアルバム『一耳惚れ』発売決定!!

◎デビューから7年の歳月を経て、新たなるステージへと向かう
秦 基博のセルフセレクションアルバムのリリースが決定!
ヨコハマタイヤTVCMソングとしてOA中の「Girl」
(USEN 2013年上半期J-POPチャートで3位を記録)をはじめ
これまでに発表された秦 基博作詞作曲によるオリジナル楽曲全70作の中から16曲を自らが選曲。

新録音源として「鱗(うろこ)」の弾き語りと
FM802今春のキャンペーンソング「スプリングハズカム」のセルフカバーも収録。

タイトルの如く、一聴するだけで秦 基博の音楽の魅力が瞬時に
そして存分に伝わる初のセレクションアルバム!!


<アルバム情報>

☆セルフセレクションアルバム 『一耳惚れ』(ひとみみぼれ)
・2013年10月16日(水)発売


●初回生産限定盤[CD+Bonus CD](2CD) AUCL-140~141 ¥3,500(税込)
※ボーナスCDにはこれまでのライブの中から数々の名演を厳選&コンパイル!
(ボーナスCDの詳細は後日オフィシャルHPにて発表致します)

●通常盤[CD]:AUCL-142 ¥2,835(税込)

【収録曲(初回生産限定盤/通常盤共通)・曲順未定】
・Girl
・スプリングハズカム(※新録)
・鱗(うろこ)(※弾き語り新録)
・やわらかな午後に遅い朝食を
・プール
・dot
・風景
・色彩
・Honey Trap
・花咲きポプラ
・My Sole, My Soul
・SEA
・今日もきっと
・トラノコ
・月に向かって打て
・アイ(弾き語りVersion)

<アナログ盤>
2013年10月16日(水)アナログ盤「Girl」同時発売決定!
最新オリジナル・アルバム『Signed POP』より話題のCMソング「Girl」をアナログ盤でリカット!
●完全生産限定盤[12inch ] AUJL-1¥2,000(税込)
※完全生産限定盤につき、お早めのご予約をお勧めいたします。



秦クンの選曲がすごく気になってたけれど
まずは大好きな「dot」が入っていたことにガッツポーズ!(笑)

おまけに。
「色彩」も
(ファーストアルバム1曲目にピッタリの疾走感ある大好きな曲!)

「風景」も入っていて
(秦クンの原風景と家族愛が詰まってる。あたたかい気持ちに満たされる曲)

おしおしおし!と大きくうなずくジブン(笑)

あと。
「トレモロ~」「赤が沈む」も入れて欲しかったなぁ。

てか。
「空中ブランコ」は・・・・・・(無理だってわかってる 笑)

でもこの曲はもしかしたら
ボーナスCDに期待出来る・・かな?(音源・・あるよね??笑)


まぁね。
70曲余りの中から16曲を選ぶのは難しいよなぁ。

もしジブンだったらどの16曲を選ぶかなぁ。
絶対絞りきれなくて、頭がパンクしそうになる(笑)

新旧とりまぜ、バランスよく選ばなきゃいけないしね。

で。
「My Sole, My Soul」
この曲が選ばれて最初は意外だなーって思ったけれど。

秦クンのオンとオフ。
普段の"素"の部分が垣間見える歌って
考えてみればあまりないかも知れないなぁと、なんだか納得。

「秦基博を足元からみると、こういう感じのやつなんですよ」という自己解説のような
秦クンなりの選んだ理由があるんだろうなって考えていたら
無性にこの曲が聴きたくなったのにすぐにCDが見つからなくて困ってる(笑)

白シャツにブーツを履いて弾き語る秦クンが一等好きだけれど
オーキャンでは素足でサンダルのラフな秦クンも見たいなー。

そして。
「鱗」と「アイ」の弾き語り収録。

先日のJOIN ALIVEでも弾き語りで披露してくれたこの2曲。

秦クンの第一声で、アコギのイントロで、
集まったみんなの「待ってました!これが聴きたかったんだ!」の歓声が
ものすごかったものなぁ!!

「鱗」は新録だし。
「アイ」もCDで改めてじっくり聴きたいし。
紛れもない秦基博の代表曲。楽しみです。

「Girl」も代表曲の仲間入りになりそうな勢いだね。
(アナログ盤が出たり、秦クンの公式HPでもいきなり歌が流れたり、大プッシュ中!)

「スプリングハズカム」はいまだに全くワンフレーズも聴けてないから(ハターなのに!笑)
収録されて今さらながらに、うれしはずかし・・な気持ちです(笑)

きっとこのCDで初聴きになることでしょう!(それも楽しみ!)
秦クン、ありがとうー!!

全国あちこちでの夏フェス巡業で
初めて秦基博を聴いて、文字通り「一耳惚れ」をしちゃった人の入門編として
このCDは本当にピッタリだなぁって思う。

そして。
いつもブログに寄ってくれる方のコメントから。
「今年の夏フェス多数出演はすべて「一耳惚れ」に向けてかも。
 秦クンがあちこち出てしゃべるより、これほど効果的なプロモーション活動はないですよね 」

本当にそう思う!!!

外へ外へと歌を投げかけていくこの夏が
秦クンにとって、次につながる夏になりますように。


そういえば。
"いきものがかり"の"よっちゃん"のつぶやきでも、最近ハッとさせられる言葉があったなぁ。

【「リスナー」になってくれた人達とより親密になることも大切だけど
「リスナーではないひと」に「リスナー」になってもらうこと。
 新しい場所に「リスナー」を生むこと。外へ、外へ。遠くへ、遠くへ。
その意識だけは、忘れないようにしたいんです。】

【「音楽シーン」のなかで鳴ることじゃなくて
 「世の中」で鳴ることを、ちゃんと思って、歌、書きたいです。】


いきものがかりと秦クンって2006年デビューの同期で、島田会で、仲が良くて。
08年初めに「ONE HEART LIVE CIRCUIT 2008」という
カラーボトルや奥華子と一緒に関東5ヶ所の小さめホールを周るという
今から考えればものすごい贅沢メンバーでツアーをやったこともあったけれど
(めちゃくちゃ行きたかったけれど、当時は遠征なんてムリムリと思っていた頃・・笑)

あの頃から頭一つ抜きんでていた彼らは
その後大ブレイクして、紅白出場まで果たして。

彼らが目指すJ-POPへの想いは
きっと秦クンとシンクロしてると思うし。

スキマの2人も「クリスマスの約束」で、よっちゃんとは同じ"委員会メンバー"。
今の音楽シーンでどうアプローチしていくのか。広げていくのか。
きっとかなり論じ合ってるはず。

外へ、外へ。遠くへ、遠くへ。
同年代として、ミュージシャンとして、目指す先は同じなんだろうなぁ。


そして。
秦クンやスキマとは対照的に
自ら前に出て毎日楽曲に対する想いを、外へ、遠くへ、と投げ続けるよっちゃんを
秦クンは(そしてハタッフさん達は)どんなふうに読んでるのかなぁ。
スキマも(そしてスキマチームも)どんな風に感じてるのかなぁ。

その答えのひとつが「一耳惚れ」のリリースのような
そんな気がしてるジブンです。

うん。
音源としてはほとんど持っているけれど
このCDの発売がすごく楽しみな気分でいるジブンです。

スキマのベストアルバムに、秦クンがセルフセレクションアルバムだなんて!!ひえー!
という、哀しい金欠の叫びは、あえて今回封印しちゃいます(笑)


このアルバムを手にする沢山の一耳惚れした人たちを
もっと、ぐっと、秦基博の世界に引きずり込んでやりましょう!!(笑)


うん。
明日のオーキャンは
そんな"一耳ボレー"のみんなが全国から集まってくるお祭りだね!


あとはお天気!

頼むよ!(笑)



スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。