12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-08-13 (Tue)

「くっさくていいんだ!部屋なんか!!」

真夜中。
秦クンのこの言葉にキュンとしてしまってたアホなジブンです(笑)

あー。
今夜こそハタペを最初から最後までしっかり聞きたかったけれど
やっぱり途中でお風呂に入ったりあれしたりこれしたりで
途切れ途切れな聞き方しか出来なかったー(ダメダメなやつ 笑)

でもさ。
きっと、学生の頃の秦クンの部屋は、臭くなかったと思う!(多分 笑)

お香なんか炊かなくても、臭くなかったと思う!(きっと 笑)

いや。
ホントは臭かったかもしれないけど(オイ 笑)

好きな人の匂いは臭く思わないし(むしろ好き)
嫌いな人の匂いは何をしたって臭く思う。そんなもんだ(わはは 笑)


そうそう。
久しぶりにラジオから流れる「Honey Trap」を聴いてドキドキしちゃったなぁ。
この歌に呼ばれて福岡のライブに飛んでったことなんかも思い出しちゃったなぁ。

いまだに2枚目のアルバムは、色んな想いが詰まりすぎていて
素直に聞けないジブンがココロの隅にちょこんといたりするのだけれど(しつこい 笑)

今夜聞いたら
「なつかしーなー」って。

あの頃の全てがどれも大事な日々だったなぁと、改めて感じました。

何かの番組で、藤井フミヤさんが、音楽のことを
「一番身近なタイムマシーン」って言ってたけれど

まさにそのとおり!!って今夜は思いました。



そして。
先月のJOIN ALIVE で「Halation」を聴いて
今まさに毎日熱闘が繰り広げられている(北海道負けちゃったー)試合を観ては

これもやっぱりこの時期見たくなるんだよなぁと
ついついここに載せてしまうジブンです。
(やっぱりタイムマシーンだ。歌は。)


うん。
不思議だよね。

「奏」「虹が消えた日」も
野球とは関係なく作られた曲のはずなのに
言葉がちゃんと"その場面"の中で生きていくんだよね。


普段、あまり野球は見ないし、サッカーより興味は薄いのだけれど
(家族が見るのでなにげに勝敗を知るだけという 笑)

高校野球はやっぱり特別だなぁと思う。

そして。
あの頃活躍した彼らの"今"を思い、様々な人生のありように
胸が熱くなってしまうのでした。

特に2006年なんかは。ね。



それにしても。
やっぱり、いい曲作るよなぁ!
シカオさんも!スキマも!そして秦クンも!!


■甲子園 2005 スガシカオ/夏陰~なつかげ~








■甲子園 2006 スキマスイッチ/奏










■甲子園 2008 秦 基博/虹が消えた日










■甲子園 2009 秦 基博/Halation








■球児からの手紙 06~08
スキマスイッチ「ボクノート」、ウルフルズ「僕の人生の今は何章目ぐらいだろ­う」、山崎まさよし「六月の手紙」






なんで、泣けてくるんだろー。



スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。