123456789101112131415161718192021222324252627282930
2013-10-01 (Tue)

先日のHGストリーミングイベントで聴いた「風景」に触発され
俄然秦クンのライブ映像が観たくなった先週末。休日。

今まで「コントラスト」以降のCD初回限定のDVDは
「いつかね・・」と思うばかりで、ほとんど観ることはなかったのだけれど

えっとえっと、初期の頃のバンド映像があったよね?などと
色々CDを引っ張り出して「ええーっ!こんなのも収録されてたんだ!」と今さらながらに驚いて
「やっぱり秦基博はいいなぁー」なんて浸っていたという(アホだね 笑)

で。
「待ち人のフェイバリット」がスペシャで放送されたから
その録画も日曜の昼にさらっと観てから、ざっくり編集して。
その後にもう5回くらいはリピしてるジブンです(笑)

行ってみたかったライブだったけれど
映像からでも野音に広がった音や空気感が伝わってきて
テレビ越しなのに生のライブを観ているようなワクワクした気持ちになれて
そのことにジブンでもちょっとびっくりしたというか
文字通りこのライブが、音も人とのつながりも、生き生きしていたってことだよなぁって感じた。

思い返せば08年6月にもスペシャ主催の秦クンのワンマンライブがこの野音で行われたよなぁ、
あのライブも行けなかったけれど映像だけでもワクワクしたようなぁ、と
ライブの合間に映りこむ木々の緑にココロがなお癒されたのでした。

長澤くんとandymoriの小山田くん。
魂の波動が通じ合っているのが観ているだけでも伝わってきた。
それが音楽の波動と連動していくさまが本当に聴いていて心地よかった。
(だからなおその後の小山田くんの行動にとても胸が痛んでしまったー)

長澤くんの自由で楽しそうに歌う姿が観ていて本当に嬉しかった。
ようやくここまで彼は成長したんだなぁって、本当に嬉しかった。

そして。
秦クンとフジファブリックの山内クン。

フジファブリックって、バンド名は知っていたけれど
どういう音楽をやるの?とか、バンドの来歴とか、全く知らなかったのだけれど
山内クンのすがすがしい笑顔を見ていたらふと知りたくなってググってみたら
彼がボーカルをやるようになるまでの様々なことにまたもや胸が痛んでしまって。
それらを乗り越えて今笑顔で歌う姿に、改めて観てジーンとしたりしてた。

あ。そういえば。
秦クンと山内クンも、似てるなぁって思った(笑)
人となりのオーラが似てるなぁって。
「品の良さ」が共通項だなぁって。ひとりうんうんうなずいてしまってた(笑)
そしてそれがなんかいいなぁって、すごくいいなぁって、しみじみ思った(笑)

コラボしたフジファブリックの「Small World」は、宇宙兄弟のオープニングだったんだよね。
(そしてその時のエンディングが秦クンの「グッバイアイザック」だったんだよね)

あの頃毎週番組の最初で聴いていた時は、正直あまり好きではなかった。
その前のオープニングで流れてたスキマの「ユリーカ」の印象がものすごく強かったから
なんとなく歌声もメロディーも、弱いというか、物足りなく思えた。

だけど。
ライブでコラボしていた「Small World」
めっちゃ良かった!!間奏の幻想的な雰囲気に宇宙を感じた!!
宇宙兄弟のオープニングにぴったりだ!!って今さらながらに強烈に思えた!!(笑)

うん。
そうなんだよね。
だからこそ音楽はライブで観る価値が、そこにあるんだよね。
音源だけじゃ伝わらない何かが、ライブで形になって、震えるんだよね。

これ。
野音で生で聴いたら高揚感がハンパなかっただろうなぁ!!!

歌い終わった後の山内くんが言った「ありがとう」がとても温かくて優しくて
それはやっぱり秦クンのどこかと繋がってるようで、ジブンの琴線をふわっとさせてくれたのでした。

あ!!!
KANさんの可愛らしいおさる姿!!!
あの歌が別の歌に変化してるおかしさもぐるっと含めて、すごくよかったー(笑)
(最後にKANさんを見て微笑む秦クンがカッコよかったなぁ。。。)

「愛は勝つ」は最強だなぁって思ったし!
こういう、みんなで歌える鉄板の最強曲・・秦クンはあったかな?ってつい考えちゃったりして(笑)
(ファンじゃなくてもみんな知ってて一緒に歌える曲という意味です・・笑)

最後の秦クンと長澤くん。
つかず離れずの感じも いとをかし。だよね(笑)

そして音楽で人はちゃんと会話出来るんだなぁって、
長澤くんは音楽があって本当によかったなって、またもや親目線で想ってしまったよ。


そんな、秦クンもろもろを久しぶりにじっくりと観て聴いていた休日。でした。


やっぱり。
秦クン。いいな。大好きだな。




そうそう。
「秦基博:7th GARDEN:ひとみみぼれ」サイトでの"聴かせて君の歌"コンテスト。
7th GARDEN:Special

ここにUPされてる「休日」。凄すぎます。

つい惹きこまれて、彼の他の動画をあれこれ観てたら
「鱗」をなんとカポ5で!!(秦クンはカポ4だもの!)
原曲より高音で歌いこなしていたのにはビックリ!!
10月11日(秦クンの誕生日!)のYoutubeでの優秀者発表が楽しみになってきた~。






スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する