123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-10-10 (Thu)


洗濯機にそっと入れたジーンズ。

遠征から帰宅するといつもすぐに
溜まった洗濯物に取りかかるのだけれど

ライブの時に来ていた洋服を入れる時に
ほんの少しためらってしまうジブンがいる。

あの時の空気や匂い。にじんだ汗や感じた気持ち。全部全部。
綺麗に洗い流されてしまうのが、ちょっと淋しくなる。

ハンガーに掛けられてすっきりとした顔をしてるジーンズに
終わってしまったライブの余韻をどこか探してしまったりする。

うん。
今回もあっという間の滞在だったけれど。
楽しかったなぁ。ヨコハマ。

そして。
暑かったなぁ。ヨコハマ。
空港に降り立ったら空気の重さが北とは全然違ってたよ(笑)

とりま、ホテルにチェックイン。
すぐにエアコンの設定温度を22度の全開にしちまった北の国からの人です(るーるーるるるるるーるー♪ 笑)

吹く風は秋色だったけどね(笑)


初めてで、最後になる、横浜BLITZ!!

行ってきたよ!!




※閉じまーす☆









DSC_1401.jpg



ライブ前にお友達と待ち合わせ。
ケーキとアイスティーと秦クンのこととあれこれと。いっぱいいっぱい。
やわらかな笑顔の彼女と話した時間がとても心地よく楽しすぎた。

ここのところキャパがいっぱいいっぱいのジブンだけれど
素敵な新しい出会いに感謝した時間でもありました。

日が暮れかかる頃、駅からの連絡通路を抜け横浜BLITZに向かっていくと
高層ビル群の上にぼんやりと霞む三日月が浮かんでいた。
ふと「僕つな」を口ずさみたくなったよ。
(そうしたらこの日、唯一の弾き語りでこの曲を聴けるなんてネ)





DSC_1382.jpg







DSC_1386.jpg



すでにグッズ販売は終了していて、入場待ちの人で入口はごった返していた。

はい。
あの例のシュシュは買いませんでしたぁー(完売したんだよね?笑)

だってさ。
ほわほわして可愛いけどさ。
手首に巻いたり、ジャージ履いてコンビニ行ったり、少しだらしない仕草で椅子に座ってみたり。
そんなのが似合う年頃はもうすぎてしまったしさ(わははわはは 笑)

シュシュの可愛らしさに寄りかからずに(寄りかかれないともいう 笑)
キリッと!ね。スキッと!ね。背筋伸ばしてピンッ!とね。いかなければとね!(笑)

てか。
スタンディングライブ。
チビのジブンは若干ヒールのある靴を履いてきたんだけれど
ピンッ!と最後まで立っていられるか、そっちの方が不安・・(笑)


あちこちに、お久しぶりの笑顔を見つけながら
整理番号順に場内に入って行くと・・意外と前のほうをキープできてホッ。
しかーし。時計を見るとまだ18時10分過ぎ。
ああ、ここから開演までの時間が長いんだよー(笑)
偶然にもお友達がすぐそばにいたのでありがたかったけれど(今回もミラクル!)
具合が悪くなって倒れてしまった方もいたし(大丈夫だったのかな・・)
早めに空調を入れてくれたら良かったかも・・ね(暑かったよー)


19時を少し過ぎた頃!いよいよ開演!!!
よっち、鹿島さん、皆川さん、コータローさんが出てきて。
待ちに待った秦クンが登場!!!!

この日の服装。
なぜか、あずき色のTシャツ(秋色をチョイスってことでせうか?笑)
ボトムは黒のジーンズ?かな?
ジブンのところから見えたのはそこまでだったけど
やっぱりライブハウスの距離感ってホント近いね。
ホールなら良席と思えるほどの位置だったものね。

うん。
秦クンもライブハウス仕様みたいなラフな空気感だったよ。
もう最初っからニコニコ笑顔+流し目光線が凄すぎて(笑)
多分みんな「あ、秦クンと目が合った!」ってクラクラしてたと思う(笑)

いつもよりもずっとリラックスした雰囲気を振りまきながら
あちらこちらに視線を投げかけ、その後にニコッとする罪なヤツ。

あの視線を受けたら誰もがもうイチコロだと思います!
てか、その威力をしっかり本人も知ってての視線+ニコッだと思います!(確信犯!笑)

でね。
1曲目が「フォーエバーソング」!!
続いての2曲目が「色彩」!!!!
もう最初っからポーンと弾けてハネハネ気分だった!!!

歌声も最初っから絶好調で、不安定さが微塵も感じられなかったなぁ。
「シンクロ」でも楽に高音がスコーンと伸びて、聴いてて気持ち良かったなぁ。

てか。
最初から飛ばし過ぎちゃったかも??(笑)
終わりの方ではMCの声がかなりハスキーになって
フェイクも(雄叫びも 笑)控え目になっちゃってたからね(笑)

でも。
ハスキーになってしまった話し声も、いっぱいいっぱいになる歌声も
なんだかふと、ライブのペース配分をまだ掴めない初期の頃の秦クンを思い出させてくれて
それもこれも全部ひっくるめて、やっぱりいいなぁ、大好きだなぁ・・と聴き惚れるジブンでした(笑)

うん。
今回のライブって、ニューアルバムを引っ提げてのツアーだとか
何かのコンセプトに沿ったスペシャルライブとは異なるもんね。
何かの目指す形を作り上げる必要もない、オールフリーなライブだもんね。
会場もスタンディングのライブハウス。その上にワンマン。

だからセトリもここまでそろえるなんて珍しい(というか初めて!?)というほどの
アップテンポのハネハネ曲揃いにしたんだろうなぁ。

スタンディングで弾き語り系のしっとり曲ばかりをやられては脚のむくみがなお増大しそうだもん(笑)
跳ねたり、手拍子したり、ビートをカラダで受けて楽しんじゃった方が断然いいよね!

ジブン的には大歓迎のセットリスト!!
まさにライブハウスVer.!!

秦クンもとてもアグレッシブにギターを弾きながら何度も右へ左へ移動して
やんちゃ坊主的な表情でみんなを煽ってくれちゃったりしたのです。

でもって。
間近で身を乗り出すようにやってきてくれる秦クンに
またもやみんながメロメロになってしまってたのです(笑)

あと。
曲のイントロもあれやこれやが「おっ!」と驚かされること度々で。

「自画像」のイントロかも~??なんて思ってたら
始まった曲がいきなりの「キミメグ」だったりして(笑)

だからね。
「次の曲はなんだろう?なにがくるんだろう?」ってワクワクして仕方なかったなぁ!!



で。
そんな中で唯一の弾き語りが「僕つな」だったから
ライブ前に見えた優しげな三日月がまるでイントロのように思い出されて
久しぶりに聴くこの曲がいっそう胸に染み入ってきたのでした。

いやー。
「僕つな」あらためていい曲だなって思った。

「アイ」じゃなくて良かった(オイ 笑)

だって。
この日のお客さんなら、雰囲気なら、あえて「アイ」はなくていい(笑)

新旧取り混ぜ、懐かしさも嬉しさも全て取り合せ、ココロもカラダも跳ねる嬉しいセトリ。

途中、前方の頭がゆらゆらして秦クンが見えなくなっちゃったり(ひぇー笑)
足元に置かれた荷物に足が何度もぶつかったり(ロッカーに預けましょう!笑)
後ろの方がぐいぐい迫ってきて「あれぇ~」とふらついたりしたこともあったけれど。
(ジブンも何度か前の方にぶつかってしまい謝りっぱなしでした・・ペコペコ)

秦クンのリラックスした跳ねる歌声と流し目光線はライブハウスだからこそで
立ちっぱなしの足の痛さも何もかも全て帳消しにしてくれるほどのワクワクだったのだ。

うん。
あっという間の2時間。
遊びゴコロも自由度も。秦クンのお茶目でやんちゃっぽい笑顔も。
たくさん感じられたヨコハマブリッツライブでした!!

あ。
ドラムのよっち!!!
高橋優クンのライブでもお馴染みなんだけれど
今回秦クンライブのサポメンに入ってくれてすごく嬉しかった!
よっちのドラムを聴けるのもすごく楽しみだったから
優クンのライブとはまた違ったビートの響きにワクワクしちゃったよ!





ライブ後はお久しぶりのお友達数人でカンパイ!(会えてよかったー)
秦クンという肴をあっちこっちつついては(ゴメンハタクン!)
楽しい夜は更けていったのでした(笑)

アシはむくんで辛かったけど、アイはふくらんで楽しかった!(笑)

ブリッツでの弾けた秦クンを聴けて本当に良かった!!!


次に会えるのは来月。Zepp札幌。
そう。ライブハウスだぁー!!!(いぇーい笑)

ワンマンじゃーないけれど。イベントライブだけれど。
きっとまたあの流し目光線をみんなに浴びせながら、やんちゃな笑顔を見せながら
伸びやかな歌声で会場中を魅了しちゃうものと、今からワクドキなのだ(笑)

おし。道産子パワーで盛り上げるぞ!(おー!!笑)



お世話になったお友達の方々。本当にありがとうございました!!

そして秦クン。
すっげーカワイくて、おまけにカッコよくって、歌声のボリュームが凄すぎた!!
全部全部ありがとう!! 本当にお疲れ様でした!!


うん。
やっぱり秦熱にまだまだ浮かれつづけます!!(笑)



■ 秦基博 LIVE AT YOKOHAMA BLITZ

・日時 2013年10月 8日(火) OPEN 18:00 START 19:00
・会場 YOKOHAMA BLITZ

~セットリスト~

①フォーエバーソング
②色彩
③今日もきっと
④花咲きポプラ
⑤バイバイじゃあね
⑥Halation
⑦ひとなつの経験
⑧シンクロ
⑨言ノ葉
⑩僕らをつなぐもの
⑪FaFaFa
⑫キミ、メグル、ボク
⑬スプリング・ハズ・カム
⑭最悪の日々
⑮メトロ・フィルム
⑯鱗
⑰Girl

ーアンコールー
⑱水無月
⑲グッバイ・アイザック


※セトリは覚えるのを放棄して(笑)ライブにダダ浸りしていたので
 某所からお借りしました(いつもありがとうございます!笑)
 MCもいつも通りハッキリスッキリとは聞き取れないのでスルーしました(笑)

あ、初めて会った芸能人が「ダンプ松本」のくだりは覚えてる(懐かしい話しだ!笑)
僕つなのMV撮影の時の寒すぎたことも。何度か聞いた話しさえも秦クンが言うと嬉しくて
うんうんと聞いていたアホなジブンでした(笑)

横浜。
やっぱり好きだな。住んでみたいな(笑)





スポンサーサイト
| ♪秦 基博 | COM(6) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。